スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム詳細



こんにちは、彼方です。
予告通り、今回は世界観などの紹介をします。

この作品において、プレイヤー自身が主人公キャラとなって戦うということはありません。
どちらかというとポケモントレーナーみたいなポジションです。
ものすごーくざっくばらんに書くと
・プレイヤーは敵に抵抗する力を与えることができる存在だが、自分は戦えない。
・その力がないと人間も街も滅ぶが、力は補充しないとなくなってしまう。
・力は洞窟にあるので、プレイヤーは洞窟に行って力を補充しないといけない。
・でもプレイヤー自身は戦えないので、護衛として戦闘キャラを連れていく。
といった感じです。
街は4つあり、最初の街→洞窟→次の街→洞窟…とぐるぐる回ることになります。
あと、それぞれの街に対応する力を得られるのは「10日以内」ということになっています。
これがそのまま「1回の街の攻略が10チャレンジまで」というシステム面での設定につながります。

そんなわけで、今日の一枚。

洞窟メニュー

やっぱりよく見るデフォメニューですが、ちょっとだけ改造ともいえないレベルで改造しました。
左のコマンド一覧はともかく、この中で強いてどれが特殊かといえば一番下ですね。
といっても枠を長くしてそこに要素を継ぎ足しただけなんですが。
(そしてそれだけでもかなり時間がかかりました。改造って難しい)

せっかく貼ったからには解説します。
左端、これはプレイ時間ですね。
次にプレイヤーの名前が入ります。「サニー」はデフォルトネームです。
「○ヶ月目」というのは4つ分の街を全部回ると進みます。すなわち周回数ですね。
つまり設定上、この世界での日数は40日1ヶ月です。
その後には現在地というか、助けようとしている街が入ります。「ウルト」は2つ目の街です。
そして「○日目」は日数です。先述の通り、1回の街を助けるリミットは10日分です。
最後は所持金です。
「クオリア」とか厨二全開えらくカッコつけた名前がついていますが特に意味はありません。
昔創っていた一次小説の設定にその通貨単位があったのでちょろっと流用しました。
結局お前が考えたものじゃないかと言われればまったくもってその通りです。

一応上半分についてもいろいろと微調整しています。
コマンドだと「会話」はオリジナル、「ステータス」「バックログ」はコモンをお借りしたものです。
「道具」「魔法」「機能」はデフォメニューによくいらっしゃるアレです。
キャラクター欄も少しだけいじってあります。
現時点では、見ただけでわかった人はすごいっていうレベルの細かさですが。

では、今日はこの辺で。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。