スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんなゲームになるのか



こんにちは、彼方です。

先日の記事でいきなり入れ替え機能があることについて説明してしまいましたが
そういえばどんなゲームになるのかこれっぽっちも書いてないので、紹介します。
まず基本システムを改変したRPGなのは間違いないです。
いきなり自作戦闘なんて無茶にも程があるってことはわかります。
で、現時点でざっくり決まっているのは
・街で準備を整え、ダンジョンに挑む。
・ダンジョン攻略中に負けてもゲームオーバーにはならないが、街に戻されて攻略は最初から。
・1ダンジョンを攻略する回数制限(多分10回)以内にクリアできなかったらゲームオーバー。
・戦闘キャラは10人ちょっとで、その中から攻略に挑む度に3人選ぶ(ここで入れ替えですね)。
・街、ダンジョン共に会話イベントがあり、キャラが自由に喋る。
このぐらいですかね。
最後についてはテイルズのスキットあたりが近いかと思われます。

戦闘自体のシステムだとかその辺は基本システムそのままで行くと思います。
「デフォ戦闘なんて見飽きたわコノヤロウ!」って方も多いと思います。
かくいう自分も、ここ2年ウディコンを(一般審査側だけとはいえ)プレイしてきて
そういう感情を持たなかったわけではないです。
しかしそこをやるよりも自分が取り入れたいシステムの制作が先です。
あ、さすがに枠のデザインぐらいは変えるつもりですけどね。
余裕があったら多少ウィンドウの位置をいじったりぐらいはできるといいなぁとは考えています。

というわけで今は街中でのイベントとダンジョン攻略のイベントを作っています。
ダンジョンはこんな感じ。

ダンジョン攻略

(なお、ここもせめてもの抵抗に選択肢ウィンドウの枠だけいじってあるのがわかると思います)
「普通に進む」というのが基本です。
単純に書けば、規定数「普通に進む」をすれば奥に辿り着けるシステムというわけです。
凝りだすと死ぬのは目に見えているので、できるだけシンプルに考えています。
「一気に進む」というのを選ぶと早く奥に到着できるけれど、出てくる敵が強くなる…という予定。
「撤退」は街に戻るコマンドですね。
あと、ここからキャンセルでメニューが開くようにしてあります。
昔「ウディタ」という「ゲームを作るソフト」の存在を認識していなかった頃に
単にPCで無料で遊べるゲームという認識でダンジョンシーカーだけプレイしたことがあり
(その後、講座の形でそこに戻ってくることになるとは思ってませんでした)
こんな感じだったよなぁと思って取り入れてみました。
さっきのスキットもどきといい
全体的に自分がやったことのあるゲームから影響を受けることになるのは間違いないので
「これ○○じゃね?」と思ったら「多分コイツは○○が好きなんだな」程度に思っていてください。
(でもいちいち選択肢の中からメニューを選ぶよりこっちの方が便利ですよね?)
メニューの中身もちょいちょいいじってあるんですが、それは街のイベントとも併せて後々。

そういえば、これノンフィールドRPGになると思うんですが
よくよく考えたら今年のウディコンのトップクラスにはノンフィールドが2作品も…被…
ま、まあいいや、とりあえず思うままにやります!

それでは、今日はこの辺で。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。