スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由選択とはなんだったのか



こんにちは、彼方です。
本日もプレイ上不親切にも思えるけど意図した仕様シリーズ(長い)をお送りします。

まず世界観方面のシステムをおさらいします。
このゲームではプレイヤー自身は「洞窟に行かなければならないが戦えない」立場のため
護衛として戦闘キャラを3人まで連れていくという流れになります。
戦闘キャラは全員で10人ちょっといます。中途半端な書き方についてはお察しください。
街が4つあり、街1→洞窟→街2→洞窟→街3→洞窟→街4→洞窟で1周回です。

問題はここから。その4つの街それぞれの参戦対象キャラは画像のようになっています。

入れ替え比較

(結局キャラの名前を公開することになりましたが、気にしない気にしない)
最初に見ていただきたいのが「クオン」「フレイラ」「グラノ」の3人です。
この3人はチュートリアルからの付き合いであり、またどこの街にもいます。
メインキャラとか主人公とか書かないのは
あくまで「付き合いは多いけど物語上では群像劇の1人」だと考えているからです。

そして重要なのは2点。
・3人以外は実質街ごとに加入が限定されること
・半強制的に3人を加入させなければならない街があること
要するに、3人以外のキャラは原則
どれだけ気に入ろうとその街でしか使えないわけです。
世界観での理由は大きく以下の通り。
・プレイヤーが護衛に与える力がないと敵と戦えないし街も助けられない
・上記の3人以外は護衛が初めてなので、各々の出身以外の街まで責任を負わせられない
メタ観点だといろんな街でいろんなキャラを使ってほしいから。これだけです。
そのため、戦闘バランスは追加がいない街でのみ3人を使う、というスタンスを前提にしています。
なお、テストプレイしてくれている友人は逆に全ての街でこの3人だけを使うというスタンスです。
なるべくそれで楽になりすぎないように
(しかしその一方で全てのキャラを均等に使う時に敵が強くなりすぎないように)
これからもバランスを考えていきたいと思います。
とはいえ、バランスも何も根底がかなり緩い難易度なんですけどね。

そして「実質」だとか「半強制的」だとか「原則」だとか
あたかも例外がありますよーと言わんばかりに書いている通り
ある条件を満たすと全員がどの街でも使えるようになります。
ただそこそこ長いです。周回に換算すると最短でも8周目ぐらいですかね。

余談ですが、画像で「タクト」というキャラだけ3人より上にいるのは
キャラ一覧を作った時点でのキャラ番号そのままで制作を進めているからです。
何故キャラ番号が若いのかというと、最初はコイツを主人公にするつもりで設計した名残ですね。
きっちりしたい人は不快感を抱くかもしれませんが
作者としてはこの方が「3人も大勢のうちの1人」感が出ると思っているので、ご了承ください。

では、今日はこの辺で。
次回はここまでの2記事と比べても大きな「意図した仕様」の紹介になると思います。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。